8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

魅惑的な名前/恩田陸『蛇行する川のほとり』感想

恩田陸さんの『蛇行する川のほとり』を読みました。

「きらきら」を抽出しながら生きていきたいか/『穂村弘の、こんなところで。』感想

穂村弘さんがインタビュアーとして様々なジャンルで活躍する人と対談する対談集『穂村弘の、こんなところで。』を読みました。

たった一言/綾辻行人『十角館の殺人<新装改訂版>』感想

綾辻行人さんの『十角館の館<新装改訂版>』を読み終わりました。

綾辻行人『Another』(上)(下)感想

綾辻行人さんの『Another』を読みました。

境界/綾辻行人『人形館の殺人』感想

綾辻行人さんの『人形館の殺人』を読みました。

待つ/辻村深月『かがみの孤城』感想

辻村深月さんの『かがみの孤城』を読みました。

言葉と覚悟/高田大介『図書館の魔女 第四巻』感想

高田大介さんの『図書館の魔女 第四巻』を再読しました。

恩田陸『図書室の海』感想

恩田陸さんの『図書室の海』を読みました。

人の海/星野源『蘇る変態』感想

星野源さんの『蘇える変態』を読みました。

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』感想

米澤穂信さんの『儚い羊たちの祝宴』を読みました。

本田孝好『ストレイヤーズ・クロニクル』感想

本田孝好さんの『ストレイヤーズ・クロニクル』を読みました。

言語化/永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』感想

永田カビさんの『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を再読しました。

芸術と人の交差点/原田マハ『モダン』感想

原田マハさんの『モダン』を読みました。

アーサー・コナン・ドイル『緋色の研究』感想

アーサー・コナン・ドイルさんの『緋色の研究』を読みました。 ちなみに翻訳物は出版社なども見逃せない点かと思いますので、正確に読んだ本を記載します。今回読んだのは『緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)』です。

世界とのズレを保存する/穂村弘『野良猫を尊敬した日』感想

穂村弘さんの『野良猫を尊敬した日』を読みました。

人はどこまで思考を持ちづけられるか/米澤穂信『インシテミル』感想

米澤穂信さんの『インシテミル』を読みました。

伊坂幸太郎『死神の浮力』感想

伊坂幸太郎さんの『死神の浮力』を読みました。

宮部みゆき『過ぎ去りし王国の城』感想

宮部みゆきさんの『過ぎ去りし王国の城』を読みました。

森をただ歩く/宮下奈都『羊と鋼の森』

宮下奈都さんの『羊と鋼の森』を読みました。

他人の洞になること/本田孝好『ALONE TOGETHER』感想

本田孝好さんの『ALONE TOGETHER』を読みました。

宮下奈都『静かな雨』感想

宮下奈都さんの『静かな雨』を読みました。 夜に弱い人の人権 同じ世界だけれど違う世界

旅と思索/恩田陸『ブラック・ベルベット』感想

恩田陸さんの『ブラックベルベット』を読みました。 旅 神を信じないエディくん 旅にマグカップを

旅、カフェ、食、広がる世界/近藤史恵『ときどき旅に出るカフェ』

近藤史恵さんの『ときどき旅に出るカフェ』を読みました。 旅 カフェ 食 広がる世界

静謐で秩序のある物語/小川洋子『ことり』感想

小川洋子さんの『ことり』を読みました。

恩田陸『消滅』感想

恩田陸さんの『消滅』を読みました。

秋川滝美『いい加減な夜食 1』感想

秋川滝美さんの『いい加減な夜食 1』を読みました。

ジェーン・スー『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』感想

ジェーン・スーさんの『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』を読みました。

伊坂幸太郎『死神の精度』感想

伊坂幸太郎さんの『死神の精度』を読みました。 あの頃の私は馬鹿だった 装丁 死神・千葉の仕事の精度 人生には面白みがある

天童荒太『悼む人』感想

天童荒太さんの『悼む人』を読みました。

伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』感想

伊坂幸太郎さんの『アイネクライネナハトムジーク』を読みました。