8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

た行の作家

千葉雅也『アメリカ紀行』感想

千葉雅也さんの『アメリカ紀行』を読みました。 アメリカ紀行 作者: 千葉雅也 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2019/05/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 買う本はもっぱら一度読んで気に入った本だけれど、全く読んだことがない本を無性…

人生にはイベントが必要だ/津村紀久子『ディス・イズ・ザ・デイ』感想

津村紀久子さんの『ディス・イズ・ザ・デイ』を読みました。

場に宿る記憶/辻村深月『東京會舘とわたし』

辻村深月さんの『東京會舘とわたし』を読みました。

待つ/辻村深月『かがみの孤城』感想

辻村深月さんの『かがみの孤城』を読みました。

言葉と覚悟/高田大介『図書館の魔女 第四巻』感想

高田大介さんの『図書館の魔女 第四巻』を再読しました。

アーサー・コナン・ドイル『緋色の研究』感想

アーサー・コナン・ドイルさんの『緋色の研究』を読みました。 ちなみに翻訳物は出版社なども見逃せない点かと思いますので、正確に読んだ本を記載します。今回読んだのは『緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)』です。

天童荒太『悼む人』感想

天童荒太さんの『悼む人』を読みました。

高田大介『図書館の魔女 第三巻』感想

今回が何回目の読了かわかりませんが、高田大介さんの『図書館の魔女』を読みました。

筒井康隆『モナドの領域』感想

筒井康隆さんの『モナドの領域』を読みました。

高田大介『図書館の魔女 烏の伝言』感想

高田大介さんの『図書館の魔女 烏の伝言』を読みました。

津村記久子「ポトスライムの舟」

津村記久子さんの「ポトスライムの舟」を再読しました。 まだ学生時代だった頃にこの本を読んだけれど、その時の記憶がない。読んだことは記憶しているけれど、どういう内容だったのかまるで覚えていなくて、多分それは「ピンと」来なかったからだと思う。 …