8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

や行の作者

ツーとカー/米澤穂信『本と鍵の季節』感想

米澤穂信さんの『本と鍵の季節』を読みました。

米澤穂信『愚者のエンドロール』感想

米澤穂信さんの『愚者のエンドロール』を読みました(何度目かわからない)。 ※なおネタバレにも踏み込んだ感想となりますので、ご注意願います。できれば未読の人は読んでから先に進んで!!だって「知らない」状態ってすごくすごく貴重だもの。今後読むか…

生活を感じた物語/米澤穂信『王とサーカス』感想

米澤穂信さんの『王とサーカス』を読みました。

私もコードネームで呼ばれたい/矢月秀作『D1 警視庁暗殺部』感想

矢月秀作さんの『D1 警視庁暗殺部』を読み終わりました。

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』感想

米澤穂信さんの『儚い羊たちの祝宴』を読みました。

人はどこまで思考を持ちづけられるか/米澤穂信『インシテミル』感想

米澤穂信さんの『インシテミル』を読みました。

米澤穂信『真実の10メートル手前』感想

米澤穂信さんの『真実の10メートル手前』を読みました。

米澤穂信『氷菓』感想

米澤穂信さんの『氷菓』を再読しました。