8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

アガサ・クリスティー『春にして君を離れ』感想

アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』を読みました。

春にして君を離れ (クリスティー文庫)

 

 正確にはアガサ・クリスティーとは別の名義で公開された作品らしいので「アガサ・クリスティーの」と言うのは憚られる気もしますが、とにかく読みました。

 この本を読み終わって最初に感じたのは、「この本をもっと人類が読んでいたら、かくも殺伐とした世の中にはなっていなかっただろう」ということでした。直感的な感想ですけれど。しかし次の瞬間また別の感想が浮かんできました。「この本は読んだ人間によって感想がまったく異なるだろう」ということです。

 

 私はこの本を読んで、ジョーンの夫ロドニーも彼女の娘息子も大変だったなと同情的な気持ちになったのですが、しかし一方で、ジョーンの認識の歪みを正さず結局彼女を憐れむ道を選んだ夫や子どもたちだって悪い、という感想があるのを知りました。その感想を読んで私は居心地が悪くなったのです。

 家族の問題に対し、真正面から向き合うことは一つの選択であり正解だろうと思いますが、たった一つの正解ではないと思っています。ジョーンの選択、ロドニーの選択、彼女の子どもたちの選択をとりあえずは尊重するとして、さてそこから読者は何を学ぶのでしょうね。

 印象的だったのは、物語の舞台です。ジョーンは思わぬアクシデントにより旅の帰り道、人がいない、寂れた荒野(というか砂漠?)の中の鉄道宿泊所に留まることを余儀なくされます。話す人もいない、読む本も尽きた、そんな状況で彼女の胸に去来する数々の疑惑の過去。この舞台が整って彼女はある種の悟りを得るわけですが、ここから言えるのは、人間というのは、時々は一人になることが必要なのだな、ということでした。日々に忙殺され自分のことを考えないことが続くのは少し、不幸?な気がします。自分の為にも、自分の周りにいる他者にとっても。

 楽観的な見方をすると、ジョーンの子どもたちは既に彼女から物理的に離れているわけですし、今までとはまた違う距離感で関わることができると思います。彼女が日々の落ち着いた時間で、荒野の中で得た気づきを思い出せば、あるいは…。