8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

哀し/恩田陸『七月に流れる花』感想

 恩田陸さんの『七月に流れる花』を読みました。(※以下ネタバレを含む内容なので閲覧にご注意ください。この本はネタバレ厳禁本です。ネタ知っちゃうと初読の楽しさ半減します)

七月に流れる花 (講談社タイガ)

続きを読む

米澤穂信『愚者のエンドロール』感想

 米澤穂信さんの『愚者のエンドロール』を読みました(何度目かわからない)。

 ※なおネタバレにも踏み込んだ感想となりますので、ご注意願います。できれば未読の人は読んでから先に進んで!!だって「知らない」状態ってすごくすごく貴重だもの。今後読むかわからないから~とかそういう気持ちなら、その可能性を潰さないためにもこのブログ読まないで!!ちなみに、この本は文量もそこまで多くなく読みやすいと思うので(これは個人差あると思うけれど)読んで!!

 「ブログ読むな!!」って初めて言ったな私(笑)でも本当にそう。ネタバレは「知ることで味わえる興奮」を味わう可能性を潰す行為だ…って最近思うようになったの。

愚者のエンドロール (角川文庫)

続きを読む

その容れものとどう向き合うか/角田光代『わたしの容れもの』感想

 角田光代さんの『わたしの容れもの』を読みました。

わたしの容れもの (幻冬舎文庫)

続きを読む

クレイジーと愛の物語/伊坂幸太郎『オー!ファーザー』感想

 伊坂幸太郎さんの『オー!ファーザー』を読みました。

オー!ファーザー (新潮文庫)

続きを読む