森博嗣『ジグβは神ですか』感想

森博嗣さんの『ジグβは神ですか』を読みました。

ジグβは神ですか JIG β KNOWS HEAVEN (講談社文庫)

 

まずこの作品はタイトルの音の響きが絶妙だと思いました。

ジグβは神ですか」「じぐべーたはかみですか」「ジグベータハカミデスカ」・・・。今までのGシリーズの作品のなかで一番音の響きが好きだなと思いました。

タイトルは一見すると意味が分からないし、物語を読み終わっても意味はわからないけれど関係がないとまでは思いませんでした。つまり読んでいれば「ピン」とくるものがあります。ジグってそういうことなのね・・・。

 

今回主に登場するのは、加部谷、雨宮、山吹、海月、そして水野涼子。西之園さんはあまり出てこないし犀川先生は何をやっているのかぐらいしかわかりません。あとは瀬在丸さんが登場します。真賀田博士は雰囲気だけ登場します。でも博士に関しては常に影として雰囲気としてそのあたりに登場しているシリーズなので、「登場する」なんて今更でしょう。

私は海月くんという人間がとても気になるので、彼の一挙手一投足に注目しているのですが、今回は妙に山吹さんが気になってしまいました。物事に対する彼の距離感について考えていたのです。山吹さんはとてもニュートラルな人だなと思います。物事との距離間が均等だと思います。意図しているとは思いませんが、とても不自然だと私は思っています。機械みたいに思えるのでしょうか。海月くんの方がよっぽど機械っぽい気がするのに。自分自身が感情ジェットコースターのような起伏の日々を生きているからでしょうか、山吹さんの一定な感じに憧れのようなものを抱いてしまうのかもしれません。真賀田博士に対する姿勢も同じで、博士をすごい人だとは思っているのでしょうけれど、信仰はしていないような気がします。加部谷さんですらちょっとした信仰に入っていると思うのです。真賀田博士は凄い、天才と思うことは、彼女が異質であり己とは異なるものであるという認識と同じ。いや、山吹さんも博士は凄いと思っているのだろうか、わからなくなってきた。つまり言いたかったことは、山吹さんって自分の事も言わないけれど世界に対しても非常にニュートラルでふわふわ生きている人だよね、ということでした。そういう山吹さんが私は好きなのです。

 

このシリーズを読んでいると、死ぬことあるいは殺すことそのものは意味がないように思えます。というか自殺する人、殺人を犯す人にとって意味がない。死+何かでもって初めて意味が生まれるのでしょうか。普通世の中で起こっている死(自殺も他殺も)は、死ぬこと、殺すことに目的があるのでは?そうか、死は目的じゃなくて手段であることを示す物語なのかもしれません。意味に内包されている死。

物語だからこそ、ありえていい話。現実にこんなことがあったら、やっぱりそれは「ダメですよ」と言わないとダメなのでしょうね…。私も現実にはこのような死が発生しないことを願っております。とりあえず、死なないでおきましょう。

 

 

森博嗣さんの『ジグβは神ですか』を読み終わりました。

恩田陸『終りなき夜に生れつく』感想

恩田陸さんの『終りなき夜に生れつく』を読みました。

終りなき夜に生れつく

 

学生時代から恩田作品のファンで、今回も楽しんで読むことができました。『夜の底は柔らかな幻』で出てきた人たちがたくさん出てくる物語です。

 

恩田作品を読んでいると、人物の特徴によってカテゴリー分けができるような気がしています。そこも含めて私は好きなのだけれど、基本的に恩田さんの書く物語の女性は非常に理知的で、思慮深く、群れずに自立している女性が多いと思う。そして彼女たちは自分たちがスタンダードでないことを知っているし、その上でどのように行動するかも弁えて慎重に行動しているし、もっと言うと冷ややかに自分が属していない世界を見つめているような気がするのだ。これってある種「感じが悪い」女性になるのだろうか。でも、私はそういう女性に好意的だし自分もそうありたいと思うのです。

作家は異なるのだけれど、辻村深月作品にもこういう女性が多く登場します。自分は女性社会に上手く馴染めていない。自分を放り出す社会を冷ややかな目で見ているし、「馬鹿にしている」と言ってもいいんじゃないか、というまなざしを向ける。はい、すごいわかります。基本的に私もそんな感じだから。これって、やっぱり感じが悪いことなのだろうか。

 

再三言っていることかもしれないけれど、恩田作品の登場人物たちは自分の世界を持っている、と私は思っています。想像力が豊かで、とても内省的。よく考える。この豊かな世界観に触れるのが醍醐味なので、その点この物語も面白かったです。とにかく登場人物たちが内なる心の声でしゃべっていますから。それにとても優秀な人が多いのも安定。

超能力を保有している人を「在色者」、能力を「イロ」と呼ぶのも見事。「途鎖」という架空の国のネーミングも見事だと思いました。こういう命名のセンスが私にとってはドストライクな気がします。

 

4篇の短編が収録されていますが、どの物語も「これから」を匂わす終わり方だなと思いました。実際、上にあげた長編に繋がっていくわけですが。戦いの始まり、激動の予感、嵐の前の静けさを感じさせる短編集です。

 

流れるように読んでしまって、自分のなかで何かが残っているわけではないのですが、それもまた魅力と言えば魅力。指貫、ナポリタン、ラムネ、自販機、レンガ、ジョギング、などなどなど。なんてことない単語がキーワードになっていたり、個人的に妙に印象に残ったな、ということを最後に書いて終わりにします。ナポリタンの描写がリアルでした。そうそう、ナポリタンってピーマンが入っていますよね。

森博嗣『ηなのに夢のよう』感想

森博嗣さんの『ηなのに夢のよう』を読みました。

 

ηなのに夢のよう DREAMILY IN SPITE OF η (講談社文庫)

Gシリーズをここまで読んできて、全ての作品を読破できているわけではないけれど、作品群のなかで一番好きだと思った。

 

物語上で起こる事件は、「ηなのに夢のよう」という不可解なメッセージを残し、不可解な場所で連続して自殺する、というものだけど、結論を言うと、なぜそんな不可解な連続事件が起こったのかはわからずじまいだ。もちろん作中で登場人物が推論は述べるけれど、本当にその通りだったのかは分からない。自殺なのか他殺なのか。

この小説を読むにあたって「謎の真相を知る」ということを大事にしている人からすると納得いかない終わり方だと思う。が、私はこの物語の終わり方がとても好きだ。何故好きだと思えるのか、それを言葉にするのは難しいけれど、なんとか言葉にできたらいいなと思います。

 

Gシリーズと呼ばれる作品群の登場人物たちは、並大抵の人物ではない。私は彼ら彼女らが和気あいあいと喋っている描写がとても好きで、このシリーズを読んでいるのだけれど、話している内容は多分一般的ではない。少しずれていて、でも本人たちは普通に話している。会話が成り立っているしなんだか楽しそうだ。それは私の現実ではありえないものだから、もしかしたら好きなのかもしれない。つまり、私は彼ら彼女らに憧れているのだ。

そんな一般的ではない会話だけれど、シリーズに共通しているのは「死」について話していることだと思う。それは当然のなりゆきで、だって、1つひとつの物語で必ず不可解な死亡事件が起こるのだもの。彼ら彼女らは出会った事件について考えをめぐらせる。これは不思議だね、どうしてこんなことが起こったのだろう、どうしてだと思う、こんな考えはどうでしょうか、と彼ら彼女らは楽しそうに喋る。自然に、当たり前に。今日いい天気だね、と同じレベルで、彼らは死について話し合うのだ。

死について考えると、自ずと「人生観」みたいなものが透けて見えてしまう。死があるからこその生だから。死ぬことをどう捉えるかで、生きることの捉え方も変わるのではないかと私は思っている。死ぬから生きている。これだって、私の人生観の1つだろうし。

ということで、彼ら彼女らの死の話を自ずと私は文字を追いながら聞いていく。これまら「一般的に」という言葉を使うけれど、一般的に彼ら彼女らは死に対してとても冷たいような気がする。冷たい、というのは「冷酷」というよりは「テンションが低い」というニュアンスだろうか。もっと「死」というのはイベント的なものではないのか。不謹慎だけれど「祭り」のような。平穏な日常に突然割り込んでくる「非日常」。だから人間の感情は揺さぶられるし、社会には波紋が広がる。だけど、彼ら彼女らはとても温度の低いところで話している。死との距離間がなんだかおかしい。そんなところが私は好きなのだけれど。

こういう会話を、私も実生活でしてみたい。もっと温度を低くして喋りたい。

 

登場人物の一人、西之園萌絵にとっても、ターニングポイントになる作品になるでしょう。遠ざけてた死に直面し、身近な死と新たに対峙する。過去では拒絶した死を、現在では受け入れようとする。それも過去の出来事があったから。空白の時間は、しかし、空白ではなかった。彼女にとって必要な空白時間だった。というような気がしました。読んだ人なら、どのことを指しているかはわかるかと思いますが。

 

この物語の人物のように、普通にありたい。一般的じゃなくても、普通の人のように見えて普通じゃなかったりしても、普通であるように普通でない私でありたい。普通じゃない人間に憧れてしまうのは、まだまだ中二病が抜けきれていない証拠なのでしょうか。

 

と、こんなことをつらつらと考えました。

私は普段、本を手元に置かない人間ですが、この本はぜひ手元に置きたいと思いました。機会があれば読みなおそう。水を飲むがごとく。

 

 

森博嗣ηなのに夢のよう』を読みました。

小野不由美『図南の翼』感想

 これが初めてではないけれど、やはり最後には泣いてしまう。

 

 小野不由美さんの『図南の翼』を読みました。

 

図南の翼 十二国記 (新潮文庫 お 37-59 十二国記)

 この物語は「十二国記」シリーズと呼ばれる物語群の1つです。よって「十二国」とは何か、そういうものがなければなかなか難しいかもしれませんが、いやこれを初めて読むのも悪く無いと思います。そうして「十二国記」シリーズにぜひハマってください。

 

 もう一度「初めて」の状態でこの物語を読みたい。殊晶(「しゅしょう」と読む)というわずか12歳の主人公が旅を経てどんなことを得て最終的にどこにたどり着くのか。知らないまま読んでみたい。「初めて」この作品を読む人が、心底羨ましいです。

 

 何度目かの読み直しで新たに気に入ったところを書いておきます。

 

 一言で言うと「知識は、強い」ということ。

 殊晶はある目的のために旅をするわけですが、その旅は身の危険が迫るとてつもなく険しいもの。自分の身ですら守れるかどうか怪しいのです。そんな極限状態において「学ぶ」ということや、人に教えを請うということについて、色々な人が登場してきては読者に投げかけるわけです。さて同じような状況になったとき「あなたはどうする?」と。殊晶は賢い少女でして、自分の周囲にある情報をただそのままにするのではなく、自分で咀嚼し体系づけていきます。ただ人に教えられて答えを教わっても、意味がない。自分のなかできちんと考え、それは一体どういうことなのか、という根底の部分まで理解しなければそれは「理解」とは言わないのです。そうして得た「知識」は、とても強い。強いというのがこの物語を読むとよくわかります。

 私もただ言われることをそのまま受け入れるのではなく、自分で一回考えて理解しなければいけないなと思いました。

 

 殊晶は自分の道理を貫く人ということも、よくわかりました。殊晶の旅の目的は最初から彼女が公言しているので明らかだけれど、それに至る過程は物語の終盤でやっと語られます。彼女なりに考え、自分でさえその道理に反していると思えばきちんと全うしないと気が済まない。そういうところが私からすると、時に非常に厳しい態度とも思えるのだけれど(殊晶は至極正論のことを主張するので)彼女の良いところなのだと思います。自分にも他人にも厳しいを、地で行く人です。自分の過ちを自分で正すことができる人なのです。

 

 殊晶のように、頑丘のように、そして彼らをニコニコと眺めつつ本人はまるで掴めない謎深き人物である利広のように、私も生きてみたいものです。

 

 

 小野不由美さんの『図南の翼』を、読みました。

米澤穂信『氷菓』感想

 米澤穂信さんの『氷菓』を再読しました。

氷菓 (角川文庫)

 

 『氷菓』というタイトルを初めて見た時、これはものすごくお堅そうな話だと思った気がする。この表現が妥当なのかはわからないけれど「古風」そうだな、と。実際読んでみると「ライトノベル」という位置づけみたいだけれど、奥ゆかしさもあり、さらにはアニメはそういう雰囲気を損なうことなく掬い取り表現されたものだったのだな、と感動してしまった。そう原作もアニメも、私は「古典部」の大ファンなのです。

 

 文庫で読んでいるとあまり感じないけれど、なぜか『氷菓』には感じてしまうところ。文字の書体が好きだ。余白と文字のフォントと大きさが、好き。手元にある異なる出版社の異なる作家の文庫本をぱらぱらとめくってみる。講談社文庫、新潮文庫、ポプラ文庫、、、、。どれも違う。へえ面白い。『氷菓』は比較するとフォントが古典作品ぽく、さらに大きさも小さいような気がする。気のせいかも。気のせいかもしれないけれど、物語の内容を相まってとても良い雰囲気がするのだ。

 

 話の内容については、何度も何度も読んできたことなので特にここでは言うことはない。『氷菓』という作品は「古典部シリーズ」の中でもぎゅぎゅぎゅと何かが濃縮されて煮詰まった作品だと思う。もちろん他の作品も無駄なところがあまりなく、パズルのピースのように部品が組み合わさっていく爽快感がたまらないけれど、殊に『氷菓』の濃さは尋常ではない。故に、この1作品で終わっても納得してしまうところだ。終わり方も見事だし。次へと物語が繋がれる期待もありつつ、繋がらないかもなと納得してしまう不思議な終わり方である、と何度目かの再読にして私はこのようなことを考えていた。

 

 折木君は「検討会」(なんの検討会かは伏せる)において、里志も言っていたように引き下がって何も知らない、進まない、選択肢だってあったはずなのに、進んだ。折木も自分がなぜそうしたのか言語化するのは難しいと言いつつ他者に言えるくらいには言葉にできている。折木は自分の意思で進んだ。でもそれは特に「劇的」なことではないと思うのだ。彼のなかで考えて考えてモヤモヤして考えて発酵して生まれた一歩だけれど、別に激しい何かじゃない。激しいといえば何だろう、大声で彼女に告白するとか?そう、勢いのようなものはない。ごくごく自然な一歩だった。

 何が言いたいのかわからなくなってきたけれど、人はついつい劇的な何かが起こるのではないか、そういう瞬間があるのではないかと期待するようなことがある気がする。でも、変化ってそんなドラマチックなことじゃない、ドラスティックなことでもない。緩やかでしんしんと流れる水みたいなものだと思う。いつのまにか変わっているものだ。人生何が起こるか、何が決定的なものになるかなんてわからないし、コントロールしようとしても無駄だな、なんてとりとめもないことを考えた、という感想でこの文章を終わりにします。

 アニメも時間があれば見返そう。

「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

宮部みゆき『ペテロの葬列』感想

 宮部みゆきさんの『ペテロの葬列』を読みました。

 以下感想です。

 

 690ページの長編。ボリューム満点な物語だったけれど読みごたえ抜群、特に読みにくいと感じることなくあっさりと読むことができました。そのあたりは宮部さんの文章力だと思います。「長いな」とネガティブに感じるとすれば、細かいところや前の方にあった記述をすっかり忘れてしまう、ということがありそう。できれば短い期間でがっと読んだ方がより楽しめる作品ではないかなと思います。とにもかくにも、濃密な読書体験を得られること間違いないです。

 

 話そのものは非常に書き方が重いわけではないけれど、内容はかなり重たいテーマだったと思います。宮部さんの現代に視点を当てた物語はかなり社会的な問題も取り上げているような気がしますし、とても考えさせられます。

 この本に限らず感じることですが、宮部さんの作品を読んでいると、良いことも悪いことも「連鎖する」ということを感じます。人から人へ。一人のなんてことない行動も実は繋がって繋がって大きな話に発展してしまう。この言葉を書きながら思いだすのは『英雄の書』の「英雄」の成り立ち。小さなものも積もりに積もれば大きなものになる。大きなものを打ち倒すには、小さなところから悪を取り払わないといけない。『ペテロの葬列』においては、「バスジャック犯」から会員に(なんの会員かは読んでのお楽しみ)。さらには、現在進行形で生きている善良な人間にも繋がり、、、、これも読んでのお楽しみ。バスジャックすらなかったら、、、という悲劇の連鎖もあるわけで。連鎖をどう絶つのか、そんなことを考えました。

 

 ただこの物語は希望も提示していて、それが救いでもあります。希望を私は「足立則生」氏だと考えていて。実際、バスジャックの事件と足立さんの事件は関係がないところではあるけれど、事件が生まれる背景は共通するところがあります。足立氏は自分で連鎖を断ち切る決断をし自分で生きることにした人。「佐藤一郎」は連鎖を悔い新たな連鎖を生み出した人。この2人の対比は考えたいところだなと感じました。足立さんに幸あれ。彼が再起への道を踏み出せたのは、これも人の力。些細なことなのかもしれない。小さなことかもしれないけれど、とにかくやっていくしか道はない。それが伝染を断つ方法、ということなのか。

 

 読みごたえ抜群。素晴らしい読書体験でした。 

 実は、この物語の最後はシリーズを読んでいる人もこの物語から読み始めた人もきっと驚く展開となっていて、私はその部分だけ読む前から知ってしまい大いに憤っていたのですが(何に憤っていたかはご推察にお任せします)最後まで物語を読むと、なんだか落ち着いてしまいました。そういうものなのかなと。この続きもあるようで、杉村さんがこの後どうなっているのか楽しみにしながら、次に物語を読もうと思います。『ペテロの葬列』はもう一度時間を空けて読みなおしたいです。

 

 ということで、宮部みゆきさんの『ペテロの葬列』を読みました。

ペテロの葬列

阿部潤『忘却のサチコ 1』感想

 阿部潤さんの『忘却のサチコ』第1巻を読みました。

 以前漫画喫茶で読んだことがあったし何なら7巻だけ持っている意味が分からない状態なのですが、このたび第1巻(こちらもこれだけ)を手に入れたので、読みなおしてみました。

 

あらすじ

佐々木幸子、29歳。職業、文芸誌編集者。

仕事は順調、結婚も決まり、

これまで完璧な人生を送ってきた。

あの日までは・・・!!

 

おいしいものを食べた時に得られる

“忘却”の瞬間を求めて、

ありとあらゆる美食を追いかける!!

絶品グルメ・コメディー、開幕!!

 だそうです。単行本の裏表紙に書かれているものをそのまま書き出しました。

 「あの日」がなんだったのかはさておき、なるほど「忘却」がテーマなのだな、と今気がつきました。タイトルにも「忘却」の文字が入っておりますが、「忘却」ね…。面白いです。

 

食べ物に限らず「忘却」できる何かを持とう

 サチコさんはあることがきっかけで、日常生活を送るなかで「煩悩」のようなものに襲われるようになってしまいます。煩悩のようなものと書きましたが、要は心ここにあらずの状態。仕事にも差支えが出て周りにも心配されるレベル。そんなサチコさんが束の間だとしても頭をまっさらにできる時間、それはとびっきり美味しいものを食べているとき…。ということで、話が進んでいく作品です。

 サチコさんはたまたま「美食」という手段に出会い、「忘却」することができる方法を図らずも知ることができたわけですが、別に「美食」に限らず、自分がどんな時に頭をまっさらにできるかを知ることは大切なことなのではないか、と思いました。例えばどんなときなのでしょう。私は運動しているときとか肉体を酷使しているときなど「忘却」しているかもしれませんね...。

 「忘却」の時を持たないと、人間は色々と不都合なことが起こりそう。ストレス発散という言葉もあるように、内に溜まった何かは放出しないとダメなものもあるのではないかと思います。

 

忘却の仕組み

 サチコさんの忘却っぷりをみてみると、忘却するには「集中力」が必要なのかなと思いました。夢中になること。目の前の対象にのみ意識を向けて、雑念を振り払うこと。美食については、とんでもなくおいしいことが集中力をもたらす存在なのでしょうな。

 

 

 グルメ漫画は世にたくさんあって、「その料理とてもおいしい」というシンプルなことを表現することは同じであるように思われるのに、そのシンプルなことに向かうアプローチが様々なのは、面白いところかもしれません。ただおいしいというよりも、説得力が増すからなのか。多くある作品を分けるのはそのアプローチの仕方、というのも面白いと思いました。

 

『忘却のサチコ 1』を読みました。

 

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)