8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

は行の作家

灰とワインレッド/エレン・フライス『エレンの日記』

エレン・フライス『エレンの日記』を読みました。 エレンの日記 作者:エレン フライス 発売日: 2020/03/03 メディア: ハードカバー 関係が無いのだけれど「エレンの日記」で調べると、ホラーゲーム『魔女の家』関連の本がヒットするのが面白い(私はまだ遊ん…

平庫ワカ『マイ・ブロークン・マリコ』感想

平庫ワカさんの『マイ・ブロークン・マリコ』を読みました。 マイ・ブロークン・マリコ (BRIDGE COMICS) 作者:平庫 ワカ 発売日: 2020/01/08 メディア: Kindle版 すげー漫画だった。 読み終わって頭の中でガンガン鳴っているのは「疾走感」とい…

文章と写真と/長谷川千彩『メモランダム』

長谷川千彩さんの『メモランダム』を読みました。 メモランダム 作者:長谷部 千彩 発売日: 2016/09/21 メディア: 単行本 とある書店の本棚を5周くらいして「ああ、今日は出会えなかった、無理だわ。もう帰る」と帰りかけたところ、名残惜しくてやっぱりもう…

「わからない」の発掘作業/穂村弘『君がいない 夜のごはん』

穂村弘さんの『君がいない 夜のごはん』を再読しました。 dorian91.hateblo.jp 読み直しなのは自覚していたけど感想もちゃんと書いているとは思わなかった。といっても、内容の大部分は忘れているので楽しめるのですが。 エッセイを読むテンションというのは…

本多孝好『dele3』感想

本多孝好さんの『dele3』を読みました。 dele3 (角川文庫) 作者: 本多孝好 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/06/14 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る dele2の続きがまさか紡がれるとは…。今回も面白かったです。 リターン・ジャーニー 3つ…

負は感染する/誉田哲也『感染遊戯』感想

誉田哲也さんの『感染遊戯』を読みました。

本多孝好『dele2』感想

本多孝好さんの『dele2』を読みました。

本多孝好『MISSING』感想

本多孝好さんの『MISSING』を読みました。

「きらきら」を抽出しながら生きていきたいか/『穂村弘の、こんなところで。』感想

穂村弘さんがインタビュアーとして様々なジャンルで活躍する人と対談する対談集『穂村弘の、こんなところで。』を読みました。

人の海/星野源『蘇る変態』感想

星野源さんの『蘇える変態』を読みました。

本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル』感想

本多孝好 さんの『ストレイヤーズ・クロニクル』を読みました。

芸術と人の交差点/原田マハ『モダン』感想

原田マハさんの『モダン』を読みました。

世界とのズレを保存する/穂村弘『野良猫を尊敬した日』感想

穂村弘さんの『野良猫を尊敬した日』を読みました。

他人の洞になること/本多孝好『ALONE TOGETHER』感想

本多孝好さんの『ALONE TOGETHER』を読みました。

東野圭吾「ガリレオの苦悩」感想

東野圭吾さんの「ガリレオの苦悩」を読みました。 学生時代から比較的長く、かつ、少しづつ本を読んできたけれど、実は東野さんの作品を読みとおすことができたのは初めてだった。東野さんの作品は多く映像化されているし今も継続して本を出されていることが…

穂村弘『君がいない夜のごはん』感想

穂村弘さんの食エッセイ『君がいない夜のごはん』を読みました。 個人的な話をすると、これを書いている2017年は私的穂村さんYearである。穂村さんという人の本を知ったのが今年の初め。それから芋づる式に著作を漁る日々。文章が馴染みその人のスタンスもな…