8月2日の書庫

本の感想を書くブログです。

芥川龍之介『蜘蛛の糸・杜子春』感想

 芥川龍之介の『蜘蛛の糸杜子春』を読みました。

 

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

蜘蛛の糸・杜子春 (新潮文庫)

 

 

 世の中に流布されている本の感想を読むのは、本の感想を読む楽しさをより増してくれると思う。たくさんの人が読みたくさんの人が考える。それを私のと比較する。楽しい。

 何故か手元にあって、さて、どこで手に入れたのだろうと考える。多分高校の時に「読め」と買わされたのか、あるいは確か国語の教科書に載っていたと思うのだ、よほど印象に残ったのか?あとから自分で買ったのかもしれなかった。なんにせよ、この本税別で286円。牛丼一杯より安いのに人生を通して楽しめる作品なので、買った方がいいなと思いました。あんまり近代文学(なのかな、芥川は)を読んだことがなくて、でも読みたいと思った時に読めばよくて、今がその「読みたい」タイミングなのかもしれない。読もう。

 

蜘蛛の糸

 『蜘蛛の糸杜子春』は教訓めいた話が多いのだけれど、ではこの短い話の教訓は何だろうと考える。「犍陀多のようになるなよ、縁を大事に人のことを思いやれる存在になりなさい」に行き着くのかなと思うのだけど、私はこの話、怖いと思う。どちらかといえば「あなたも所詮は犍陀多と同じですよ、それを自覚して生きなさい」というメッセージに思えてしまう。さほど自分を信用していないのだ。人間どうしても利己的に生きてしまいがちだけれど、そういう自分を自覚することで少しでも他者を思う心を持てたらいいね。「自分は犍陀多のようにはならない」というのは、私にとってはなかなかしんどい生き方なのである。

 

犬と笛

 芸があるといいな、と思いました。

 

蜜柑

 列車から吐き出されるモクモクとした煙。何度も何度もトンネルに入るたびに薄暗くなる車内。灰色の世界に差し込まれる蜜柑の鮮やかな橙色。天才か(天才なのだろう)。

 

魔術

 話が好き。魔法を使う人が普通の世界にいる感じが。

 

杜子春

 杜子春幸せに生きな、と思いました。

 

アグニの神

 話が好き(二度目)

 

ロッコ

 好き!!!!!!!!!!!!

 

仙人

 こういう話、思いつかない。すごい。

 

猿蟹合戦

 最後の一文に痺れる。

 

 白、幸せに生きなね。

 

 

 ということで、重ねて言いますが、ワンコインでお釣りが返ってきます。読んでて楽しかったです。

恩田陸『夏の名残りの薔薇』感想

 恩田陸さんの『夏の名残の薔薇』を読みました。

 

夏の名残りの薔薇 (文春文庫)

夏の名残りの薔薇 (文春文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2008/03/07
  • メディア: 文庫
 

 

 ログによれば5年ぐらい前に読んでいたはずなのですが、案の定内容を忘れている始末。しかし読みながらも「このやりとりどこかで。。。」と思うのだから多少は覚えているようです。

 人の認識というのはさほど信じられるものではない、というのは頭では理解しているのだけれど骨身に刻まれているかというとそんなことはない。「あれ?」と思いながら各章を読み進め第六変奏で帰結する感じ、結末はなかなか人によって解釈が異なりそうなのも面白いなと思いました。人の数だけ結末があり世界が作られる、というスタンスは私は納得がいきます。同じものを見ていて捉え方は人によって異なるからです。そして作中でも述べられている通り、人は自分が望んだ世界をえてして現実のものにしてしまいがちです。小説だからこそ表現できるものだよなぁ…これは、と読了後の余韻に浸っています。

阿部智里『烏百花 蛍の章 八咫烏外伝』感想

 阿部智里さんの『烏百花 蛍の章 八咫烏外伝』を読みました。

 

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

烏百花 蛍の章 八咫烏外伝

 

 

 読みたかった本がようやく!八咫烏シリーズのスピンオフ的な短編集です。どの話も胸に迫るお話しだったけれど特に好きなのは「まつばちりて」と「ふゆきにおもう」。松韻さんは、確かどこかで登場したのだと思うけれど(『烏に単は似合わない』かな)いい印象ではなかった気がする。それは視点が雪哉(若宮)目線であるからであって、対立する大紫の御前サイドの人間は怪しくて不信感を抱いてしまっていたわけだけれど、そういうちょっといけ好かない、怪しい、信頼できない人たちにもエピソードはあるってことは弁えないとなと思いました。これは本を読むときに限らず人生のあらゆる場面において。

 あとは聡明な人の聡明っぷりがきちんと描かれているのが好きです。雪哉の育ての母である梓さんとか。合理的な雪哉が故郷を守るということについてちょっと拘るところ、どうしてなのかな、まあわかるけれど、と思っていたけれど、梓さんの雪哉の母としての思いを読んでしまうと、このお母さんに愛情たっぷり厳しく育てられたんだな、母と兄弟が好きなんだろうな(お父様はちょっと保留)としっくりきました。

 八咫烏シリーズは一旦区切りがついたところで物語は第二章へと続くのでしょうか。わかりませんが、ゆるゆる楽しみに気長に待ちたいと思います。

江國香織『赤い長靴』感想

 江國香織さんの『赤い長靴』を読みました。

 

赤い長靴

赤い長靴

 

 

一体何が。耐えられない!

 と思ったのでした。読みながら私の頭の中には「何が!耐えられない!」という言葉がぐるぐる回っていました。何、この小説、全然わからない。私にはわからない。何故日和子は逍造にこのようなことを許しているのか、また逍造は何故許されると思っているのか、私には理解ができません。「このようなこと」。それがこの小説の肝です。この二人、全然会話が噛み合っていません。成立していません。まったくもって、驚くことに。むしろ読者の方が二人の会話を聞いて(というか読んで)胃がキリキリするのではないでしょうか(少なくとも私は胃がキリキリした)。

 でも、です。会話が噛み合っていない、という点で言えば、きっと私たちの日常の会話だって似たり寄ったりだと思うのです。会話をテープレコーダーにでも録音してそれをあとで文字起こしすればはっきりします。キャッチボールみたいな会話をするのは忍耐がいるのです。私たちは言葉を包んでいる(あるいは言葉がくるまれている)雰囲気みたいなものも十分に使って会話をしていると思っているので。

 江國作品というのはこの本に限らず「結婚」というものを読者に突き付けています。私は想像するしかありませんが、結婚というのはいささか過大評価されているというか、過度な期待を抱かれていやしないか、と思っています。二人が一緒に暮らすこと。それは社会的な制度に則れば「結婚」と呼ぶだけであり、「結婚」したからこのようにあるべき、なんてことはないはずです。先ほど「「結婚」というものを読者に突き付けています」と書きましたが、それは一部分であり、突き詰めて言えば「他者が一緒に暮らすこと」「他者とのコミュニケーション」について江國作品はずっと問題にしてきた、というか私は江國作品を読んでその問題をどうしても意識してしまいます。私が「耐えられない!」と叫んだのは、別に理解されなくったっていいですよ、それ以前に日和子と逍造のやりとりは、一方通行でしかないからです。本来なら「聞いてほしい」と相手への鬱憤を募らせると思うのですが…。そう「聞いてほしい」のです。普通は。普通は?何故聞いてほしいのでしょう。何故「私は」聞いてほしいと思ってしまうのでしょう。

 なんとなく、私だったら「確認したい」からかなと思います。作中でも日和子さんはテニス教室に通い始めますが、相手がどういうコースに球を打ってくるのか、考えながらまた相手が取れない場所に球を打つのがテニスというもので、ひたすらサーブを打っても仕方がないじゃないですか。ああ、そういう意味では日和子はテニスを、逍造がゴルフをしていたのはなんだか象徴的だなと思いました。自分が喋っているということを、それが相手に響いているということを、私は確認したいと思うけれど…。もちろん日和子さんだってそう思う節があって幾度となく「聞いている?」と逍造に尋ねるわけですし…。

 と、色々と考えてしまう作品でした。二人、似たもの同士であるのだとは思いますし、結局はお互い一緒に暮らしている方が色々と都合が良いし、一緒に暮らすなら似たものである方が都合がいいのかな、と思いました。難しいです、この小説。

恩田陸『不連続の世界』感想

 恩田陸さんの『不連続の世界』を読みました。

 

不連続の世界 (幻冬舎文庫)

不連続の世界 (幻冬舎文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/10/12
  • メディア: 文庫
 

 

 塚崎多聞さんが主人公の中編が集まった話。『月の裏側』は未読でして、この本を読み終わるとすぐに読み始めました。

 どの話もいわゆる「日常ミステリー」の類なのだけれど、どれもちょっと不気味。あとがきでは恩田さん曰く「私なりのトラベルミステリー」ということで、恩田さんは旅ものを書くのも上手いなぁ、いや、恩田さんの旅ものが私は好きってことなんですけどね、良いなぁと思います。こう、旅がしたくなる、ってのが「良い」という言葉に含まれています。夜行列車に乗りたい。

 塚崎多聞という登場人物も非常に魅力的でして、この本のポイントでもあると思います。閉じられているようで開かれている人物。聞き上手で連想に脈絡が無く、口を開けば相手を驚かせてしまうこともしばしば。当人の人生観に関わる話をしていると思えば、次の一言は「ラーメン食べに行かない?」だから、これは好きです。私もこんな風になりたいと思うほどに。でももっと良いのは、精神が人より安定しているように見える(実際に安定している人だと思う)多聞さんもぐらっと不安定な時があって、それも読むことができたこと。読者って結局は語り手の視点から逃げられないんだなーということも痛感しました。多聞さんと一緒に読者である私の世界も一瞬ぐらっとしたあの感覚。良かったです。

 「不連続な世界」ではなく、「不連続の世界」なんですね。そこも気になる。世界が不連続なのではなく、不連続な世界を描いているってことなのかな。ふむ。

江國香織『スイートリトルライズ』感想

 江國香織さんの『スイートリトルライズ』を読みました。

 

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

 

 

 文庫本のリンクを貼ってますが、この本は圧倒的単行本のカバーが可愛い。もう買う(図書館本だったもので手元に置くことはできていないのです)。瑠璃子さんがテディベア作家なのでベアがどかーんと載ってます。光の当たり方が作用して、背表紙から受ける印象と正面から見る印象がガラッと変わるのが面白いなと思いました。

 「結婚とは何か」をまざまざとと突き付けてくる作品です。そして「不倫とは何か」ということも同様に考えさせられます。私自身かなり恋愛には疎くて、果たして自分が燃えるような恋に陥ることになったとき(そもそもそういう恋愛ができるかどうかひどく怪しい)どうなるのだろう、何を感じるのだろう、ということを考えながら読みました。でも、なんだろう、江國作品って不倫する話が多いけれどパートナーへの敬愛は残っている感じがするんですよね。そこが面白くて、相手に幻滅したからそこから逃げる、背けるような恋愛ってしていないのではないか(その多くは「彼女」である、彼ではない)だったらいいのかなぁ…むむむ。不倫も何も私じゃない誰かがやっていることなら、もうそれは当人たちの問題で当人たちにしかわからないことがあって、そこに賛否を持ち出すのは意味がないなと思うのでどうでもいいですが、瑠璃子にとってはもっとも適したことをしてきたんだと思います。それができる強さと人生に対する責任を、江國作品の登場人物からは感じています。だから、読んでいても特に気分を害することはありませんね。みんなとても正直だ。

 この作品は目次も見事ってことも言っておきます。最初に「ソラニン」で始まり、「トリカブト」で終わるなんて最高じゃないですか。

宮部みゆき『この世の春』感想

 宮部みゆきさんの『この世の春』を読みました。

 

この世の春(中) (新潮文庫)

この世の春(中) (新潮文庫)

  • 作者:宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 文庫
 
この世の春(上) (新潮文庫)

この世の春(上) (新潮文庫)

  • 作者:宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 文庫
 
この世の春(下) (新潮文庫)

この世の春(下) (新潮文庫)

  • 作者:宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/11/28
  • メディア: 文庫
 

 

 圧倒的面白さ。というか先が気になって仕方がない引き込み力は流石の宮部先生。宮部さんの話は前提となる暮らしぶりや社会情勢を丁寧に描くのでそこがちょっと長い…と思う人もいるのかもしれないけれど、登場人物の心情や考え方につながる大切な部分を端折らないから説得力が増しますね。

 『荒神』を数か月前に読んだのですが、結構ばったばたと民の命が犠牲になり物語に登場して愛着が湧いた人たちが死ぬ様が惨かったのがトラウマだったのですが(『荒神』は面白いけれど惨い)この話では、良い人たちがきちんと生きてくれて嬉しかった。これって死ぬのでは…?と思いながら読んでいたので本当にドキドキしました。

 そして理不尽な悪とその狂気と毒々しさを描くのも本当に上手い。もうどうすりゃいいんだ…という理不尽なものに対して、宮部作品はそれでも悪に引き込まれないこと、善良であり続ける努力をすること、毅然とすることを教えてくれるような気がします。

 「名君か暴君か」というのは最初誰のことかわからなかったのですが、読み進めると「なるほど…」となりました。多分二通りの意味があるんですね。その謎に迫ろうとする話です。面白かった。